製品検索
ビニペットNEWS マルヒロTOPICS 無料会員登録はこちら

現場にGO!

『ニューツマソー』導入で換気効率アップ!

岐阜県海津市平田町 三輪幸孝様

ハウスについて

ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 50m
ハウスの棟数 : 2連棟、単棟
骨材 : 丸パイプ φ22
被覆材 : POフィルム 0.1mm
栽培作物 : ナスシュンギク

現場で使用している製品

ニューツマソー

『ニューツマソー』導入で換気効率アップ!

ハウスのツマ面に取り付けるツマ面換気装置です。
ヒモを引くだけで、簡単に妻面の換気が可能です。また、本体は組み立て済みであるため『ヒロパイプジョイント』4つで簡単に取り付けることが出来ます。
マルヒロドアプラス

『ニューツマソー』導入で換気効率アップ!

高強度なアンダーキャスター式のドアです。
ドア開口部の下レールを取り外すことが可能です。そのため、トラクターの出入りが簡単にできます。また平成24年12月より『レールガイド下』『ドアストッパー』『下レール取付金具』が新しくなり、より強いドアとなっています。
レインペットワイド

『ニューツマソー』導入で換気効率アップ!

連棟ハウスのタニ部に集まる雨水をハウス端部に排水する谷樋です。
両端に施した波形形状があるため、フィルム妻面に付属した結露水をきれいに樋に排水することが可能です。底部の幅が広く、深溝タイプとなっています。またハウスの連棟部をしっかり固定するため強度アップにも効果的です。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

三輪様のハウスでは、4月~9月までナス、10月中旬からシュンギクをハウス栽培しています。ナスの栽培は定植~6月頃までハウス栽培、6月~9月の間は台風の影響と高温障害を防ぐためにフィルムを剥がし、露地栽培と同様の方法で栽培を行っているようです。ハウス栽培を行っている期間は、ハウス内が高温になった際にタニ換気で換気を行っていますが、さらに換気効率を上げるために今回『ニューツマソー』を導入していただいております。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

栽培管理を行いやすいように連棟ハウスを選んでいます。フィルムの展張や補修作業の効率を上げるため、底面が幅広の『レインペットワイド』を使用し、豪雨の際も安心して使用しています。新規就農のため、今後も長く農作物の生産を行っていくために、ドアの開閉がスムーズな『マルヒロドアプラス』を選びました。

施主様より導入後の感想を伺いました

『マルヒロドアプラス』は開閉がスムーズで、耕耘機をハウス内に入れる際に下レールも取り外すことができ、レールに引っ掛かることがないためとても便利です。『ニューツマソー』については来作から使用するため、効果が楽しみです。




・作物のこだわりについて教えてください。
 施主様:ナスとシュンギクを栽培しており、1年間通じて栽培できるスケジュールになっています。ナスは2畝、4本仕立てで栽培を行っており、ハウス内スペースを有効活用しています。

・困っていること、その対策について教えてください。
 施主様:パイプの規格がφ22のため、台風の際にハウス強度に不安があります。
(営業担当者:ハウス強度に不安があるとのことでしたので、今回は雪害・風害対策製品の『トートラス』をご紹介させていただきました。)

・農業を始めたときに苦労したこと、大変だったことは何ですか?
 施主様:高温障害により花付きが抑制され、収量が減ってしまうことがあります。高温対策でタニ換気を行っており、さらに換気効率を上げるために『ニューツマソー』を導入しました。『ニューツマソー』の開閉もスムーズで、来作からの収量を挙げられるように頑張りたいです。

ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

『タニカンキット』&『パネカンキ』

岐阜県加茂郡 東白川村 菱田農園様

ハウスについて

お名前 : 菱田農園様
ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 50m
ハウスの棟数 : 2連棟×6
骨材 : 丸パイプ φ25
被覆材 : POフィルム 0.18mm
栽培作物 : 夏秋トマト

現場で使用している製品

ニュータニカンキット102

『タニカンキット』&『パネカンキ』

奥行き50mまでのハウスに対応したタニ・高所巻上げ換気装置です。
減速比が1:2のためスピーディーに、また高性能なハイパーブレーキを搭載しているため逆転がなく、安全にタニ・高所のフィルムを巻上げることが可能です。
パネカンキ

『タニカンキット』&『パネカンキ』

捨て張り不要の換気用部材です。
『レインペット』両端のビニペット形状部にはめ込み『スプリング』で止めるだけで、捨て張りフィルムを使わずにタニ換気ができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では冬場に雪が降る地域のため、夏秋の時期に栽培をしております。雨除けハウスの夏場の暑さ対策として妻面はネットのみで通気性の良いハウスが特長となっています。タニ部でも換気ができるように『タニカンキット』を導入していただいています。また『ニューツユトール』を用いることでハウス内の結露水のボタ落ちを防止する事ができます。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

斜面にあるため土地を有効利用するために連棟ハウスの仕様にしました。『パネカンキ』を用いる事で捨て張りを作らずに、『タニカンキット』で換気する事が出来るため導入しました。

施主様より導入後の感想を伺いました

『ニュータニカンキット』での換気で夏場の暑さを軽減することができ、また『ニューツユトール』でハウス内への結露水のボタ落ちも防ぐ事が出来ています。





・作物のこだわりについて教えてください。
 施主様:うま味のあるトマト作りを目指しており、授粉作業にマルハナバチを利用しています。より美味しいトマトを作れるように日々工夫しています。

・困っていること、その対策について教えてください。
 施主様:スリップスがハウス内に発生して果実等に影響を与えています。現状ハウスにネットを展張していますが、目合いが細かいものでしか防除が困難で、目合いを細かくしてしまうと通気性が悪くなってしまい夏場の作業では難しいです。そのため完全に防除することは現状できていません。

・導入してみたい東都興業の製品はありますか?
 施主様:通気性が良いハウスで定植を行っても、作物が生育していくいにつれてハウスの通気性も悪くなってしまうため、換気扇等の夏場の高温対策の導入を検討しています。

ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

トマトハウス 内張りカーテンに『電動カンキット』

岐阜県養老町 山田和夫様

ハウスについて

お名前 : 山田和夫様
ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 36m
ハウスの棟数 :  3連棟
骨材 : 角パイプ
被服材 : POフィルム
栽培作物 : トマト(大玉)

現場で使用している製品

電動カンキット駆動機

トマトハウス 内張りカーテンに『電動カンキット』

換気で最もポピュラーな方法は側面換気です。
開閉作業を省力化(温度管理で自動開閉)ができる製品です。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では、ハウス内張りのカーテンに『電動カンキット』を使用しているところがポイントです。
ハウスの奥行きが長いほど、手動での開閉は大変です。『電動カンキット』を使用すると、奥行き最長100mまで、開口幅は1mまでであれば、自動で開閉することができるので、とても楽に開閉することができます。
『電動カンキット』はサイド用パーツセット、タニ用パーツセット、カーテン用パーツセットとの組み合わせでそれぞれの部分での自動巻き上げが可能です。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

以前は、手動式(チェーンドラム)で内張りカーテンを開閉していたが、今回『電動カンキット』を導入し毎日内張りを管理する労力が大きく減少しました。

お話を伺って~弊社営業担当より

3連棟ハウスあるため、内張りに『電動カンキット駆動機』6台『電動カンキットタイマー盤』『電動カンキットトランス盤』、またハウス面積を有効に使う為にカーテンの捨て張り部分を駆動機の外側に取り付けるなどひと工夫されています。

お問い合わせはこちらから

全国地図に戻る