製品検索
ビニペットNEWS マルヒロTOPICS 無料会員登録はこちら

現場にGO!

『レンテンソー』で夏場の高温対策を

愛媛県今治市 越智様

ハウスについて

お名前 : 越智様
ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 38m
ハウスの棟数 : 3連棟 
骨材 : 丸パイプ φ25
被覆材 : POフィルム 0.1mm
栽培作物 : キュウリ

現場で使用している製品

レンテンソー

『レンテンソー』で夏場の高温対策を

ハウスの屋根面に取り付ける換気装置です。
ヒモを引くだけで、簡単に屋根面の換気が可能です。また、本体は組み立て済みであるため『ヒロパイプジョイント』4つで簡単に取り付けることができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

夏場の高温対策として『レンテンソー』を導入していただきました。周りの生産者の皆様などのアドバイスにより導入に至ったそうです。当地区は、昔ながらの背の低い単棟ハウスが多い地区です。しかし、越智様は意欲的な方で、今後を見据え連棟で天窓を希望されました。予算が決められている中、『レンテンソー』は価格面や施工性、更に一括開閉ができる点がメリットになります。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

暑さ対策のために、天窓で換気したいと考えました。その中で、比較的予算や設置する枚数、場所、手軽さなど自由度が高い『レンテンソー』に決めました。

施主様より導入後の感想を伺いました

初めてのハウスなので一概には言えませんが、『レンテンソー』の換気効果のおかげで秀品率が良かったと思います。





・ハウスのこだわりについて教えてください。
 施主様:路地より環境を管理し易いため、初めてハウスを導入しました。周りの方々の意見を聞き、『レンテンソー』の導入や連棟にしました。

・困っていると、その対策について教えてください。
 施主様:ハウス内の多湿による病気に注意を払っています。湿気対策として、循環扇か『ニューツマソー』を検討しています。

・導入してみたい東都興業の製品はありますか?
 施主様:高温多湿への対策として『ニューツマソー』を検討しています。また、更に換気効率を上げるために、『レンテンソー』の増設も考えています。

 ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

強風から作物を守る防風柵に『エルペットD』

愛媛県伊予市 久保田様

ハウスについて

お名前 : 久保田様
ハウスの間口 : 30m
ハウスの奥行き : 30m
骨材 : 足場管 φ48.6
被覆材 : 6mm目合いのネット
栽培作物 : キウィフルーツ

現場で使用している製品

エルペット®D

強風から作物を守る防風柵に『エルペットD』

フィルム止めの部材『ビニペット』と、強度抜群なC型鋼が一体化した製品です。
強度があるため、ツマ柱や、ハウス母屋材などにも適しており、また、フィルム止めの溝が深いため、フィルムの多重張りもできます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では、強風対策のために柵を作っています。
『エルペットD』は、C型鋼と『ニュービニペット』が一体化しており、強度があります。
また、『エルペットD』の溝は深溝になっているので、厚手のフィルム、防虫ネットなどを多重張りすることもできます。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

山間の圃場でキウィフルーツを棚で栽培しています。山間のため、強風や突風による作物の被害が大きかった。しかし、防風柵を施工してからかなり被害を抑える事が出来ました。綺麗に防風柵が設置されており大変気に入っています。

お話を伺って~弊社営業担当より

こちらの現場では、『エルペットD』を上段に中・下段に『ニュースエジット』を使い、『ヒフクスプリング』でネットを展張しています。施工性も良く、そして頑強な『エルペットD』のため真っ直ぐ綺麗にネットが展張されています。

お問い合わせはこちらから

全国地図に戻る