製品検索
ビニペットNEWS マルヒロTOPICS 無料会員登録はこちら

現場にGO!

連棟数が多いタニ部・内張りの開閉作業も『電動カンキット』で楽々

大分県国東市安岐町 阿部 浩朗様

ハウスについて

お名前 : 阿部 浩朗様
ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 42m
ハウスの棟数 : 4連棟×5棟
骨材 : 丸パイプ φ25
被覆材 : POフィルム 0.1mm
栽培作物 : カラーピーマン

現場で使用している製品

電動カンキット駆動機

連棟数が多いタニ部・内張りの開閉作業も『電動カンキット』で楽々

自動式フィルム巻上げ換気装置です。
『サイド用パーツセット』『タニ用パーツセット』『カーテン用パーツセット』との組み合わせで、それぞれの部分でフィルムの自動巻上げができます。『電動カンキット制御盤』や『電動カンキットタイマー盤』を使用することで温度や時間での制御、また『電動カンキットトランス盤2台用・6台用』を使用することで駆動機を最大24台まで制御することができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場は、間口6m×42m×4連棟のハウスが5棟あり、谷部と内張りの開閉にすべて『電動カンキット』を導入されています。1棟に16台使われているので、合計で90台の『電動カンキット』が作動中です。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

4年前に新規就農でカラーピーマンの栽培を始めましたが、就農するにあたり先輩生産者の方々の意見を参考に自動開閉の導入を決めました。すべて自動にすると費用がかかるので、開閉の多いタニ部と内張りを自動にし、ハウスの側面を手動にして使い分けてます。

施主様より導入後の感想を伺いました

『電動カンキット』を導入して本当に助かってます。換気作業の時間が軽減され、他の作業に専念することが出来ます。





・ハウスのこだわりについて教えてください。
 施主様:作物へのカビの発生を防ぐため、ハウス内の空気の循環、換気に気を使っています。

・困っていること、その対策について教えてください。
 施主様:害虫(アザミウマ)対策に頭を悩ませていました。JAの勧めもあり、捕食性天敵(スワルスキーカブリダニ)を用いた対策を行っています。農薬の使用量も減らせますし、効果も良好です。

ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

『TSサイドエアユニット』で冬場の暖房費削減

大分県中津市三光諌山 有限会社中原農場 中原様

ハウスについて

お名前 : 有限会社中原農場 中原様
ハウスの間口 : 7m
ハウスの奥行き : 56m
ハウスの棟数 : 8連棟
骨材 : 主骨φ48.6 アーチφ19
被覆材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : いちご

現場で使用している製品

TSエアユニット

『TSサイドエアユニット』で冬場の暖房費削減

サイドのフィルムを二重にして、『TSエアファン』で空気を送ることによって、空気の層ができて保温効果を高めます。最大の特長は、フィルムが膨らんだ状態でも綺麗にフィルムを巻き上げ、巻き下げすることができます。必要部材をそろえたものが『TSサイドエアユニット』です。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では、暖房費削減を目的として『TSサイドエアユニット』を使用しています。
サイドのフィルムを二重にし、二重にしたフィルムの中に空気を入れ空気膜を作ることで冬場にハウスが冷えてしまうのを防いでいます。
そのため燃料も削減でき、省エネ効果があります。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

『TSサイドエアユニット』を導入する前と比べて、1割は暖房費削減効果が出ているんじゃないかな。

お話を伺って~弊社営業担当より

こちらの現場に導入されている『TSエアサイドユニット』はフィルムを二重し、空気膜を作ることで保温効果を上げることができます。また、巻上げ換気も通常通りに行えます。冬場の暖房費削減政策の一例としてご紹介いたします。

お問い合わせはこちらから

全国地図に戻る