製品検索
ビニペットNEWS マルヒロTOPICS 無料会員登録はこちら

現場にGO!

『タンテンソー』で高温対策

熊本県熊本市北区植木町 住野農園 住野 一弘様

ハウスについて

お名前 : 住野農園 住野 一弘様
ハウスの間口 : 10m
ハウスの奥行き : 60m
ハウスの棟数 : 単棟
骨材 : 丸パイプ φ48、φ19
被覆材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : トマト

現場で使用している製品

タンテンソー

『タンテンソー』で高温対策

ハウスの屋根面に取り付ける換気装置です。
ヒモを引くだけで、簡単に屋根面の換気が可能です。また、本体は組み立て済みであるため『ヒロパイプジョイント』4つで簡単に取り付けることができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

トマトの育苗をされています。害虫対策のため、防虫ネットを張っているため風通しが悪く、ハウス内が暑くて作業も大変でした。そこで住野様のハウスでは取り付け、操作が簡単な『タンテンソー』を導入していただきました。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

換気として、換気効率の良い天窓の取り付けを検討していました。費用面で悩んでいましたが、『タンテンソー』は、予算に応じて取り付け枚数が決められるので導入を決めました。

施主様より導入後の感想を伺いました

『タンテンソー』を開いた直後は、ハウス内の熱気が肌で感じるくらい抜けるのを実感しています。育苗ハウスでの『タンテンソー』の効果が大変良いので、栽培ハウス(間口6m×60m×3連棟)に新たに18枚の『タンテンソー』を昨年導入しました。





・ハウスのこだわりについて教えてください。
 施主様:作物は基より、作業する人にも優しい低コストでの環境作りのため、東都の天窓や換気商品などを検討しています。

・困っていること、その対策について教えてください。
 施主様:栽培ハウスは、連棟で谷数も多く換気作業が大変でした。今は、自動換気装置で作業がすごく楽になっています。

・トマトのおすすめな食べ方を教えてください。
 施主様:栽培しているトマトに関してですが、糖度は8度以上あります。トマトを使った料理や加工品は色々ありますが、やはりトマトは生で食してもらい、トマト本来の味を感じていただきたいですね。

ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

巨大トマト農園の換気に『ビックツマソーⅡ』が大活躍

熊本県玉名市大浜町 トマトJr.農園・玉名 朝田様

ハウスについて

お名前 : トマトJr.農園・玉名 朝田様
ハウスの間口 : 6m
ハウスの奥行き : 87m
ハウスの棟数 : 10連棟×3棟他
骨材 : □100×50 アーチφ19
被覆材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : トマト

現場で使用している製品

ビックツマソーⅡ

巨大トマト農園の換気に『ビックツマソーⅡ』が大活躍

ツマ面に取付ける換気窓です。
開口部が大きいため、大型ハウスでも換気効率が抜群です。開閉角度も『ニュータニカンキット102』を使用し、自由に調節できるところも特長です。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場は、ハウスの間口6m、奥行き87m妻面の換気に『ビックツマソーⅡ』を使用しています。
『ビックツマソーⅡ』は大きさが3,060×720mmと、開口部が大きいため、大型のハウスでも換気効率がとても高いことが特徴です。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

作業スペースでもあるハウス前室にも『ビックツマソーⅡ』を取り付け、トマトにはもちろんのこと作業する人に対しても環境配慮しています。現在10t/10aの収量を目標としています。

お話を伺って~弊社営業担当より

こちらの現場は、約2.3haのハウスにてトマトを栽培されてる巨大農園です。総数95枚の『ビックツマソーⅡ』が全てのハウスに取り付けられています。

お問い合わせはこちらから

全国地図に戻る