製品検索
ビニペットNEWS マルヒロTOPICS 無料会員登録はこちら

現場にGO!

新潟県初 山葵ハウスに『タンテンソー』

新潟県糸魚川市 有限会社SKフロンティア 代表取締役 渋谷 一正様

ハウスについて

お名前 : 有限会社SKフロンティア
      代表取締役 渋谷 一正様
ハウスの間口 : 9.0m
ハウスの奥行き : 30m
ハウスの棟数 : 単棟
骨材 : 丸パイプ φ38.6
被覆材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : 山葵

現場で使用している製品

タンテンソー

新潟県初 山葵ハウスに『タンテンソー』

ハウスの屋根面に取り付ける換気装置です。
ヒモを引くだけで、簡単に屋根面の換気が可能です。また、本体は組み立て済みであるため『ヒロパイプジョイント』4つで簡単に取り付けることができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

川沿いのなだらかな傾斜地に段差を付けたハウス群は圧巻で、直売所が完成すると新潟県で初めての生産から販売までを行う施設になるとのことです。

現場写真ご紹介

施主様より導入のきっかけを伺いました

夏場の作業環境と作物への影響を考えて、どうしても天窓換気が必要でした。費用対効果を考え、予算に合わせて設置する枚数が選べる『タンテンソー』(4枚/棟×12棟・48枚)の導入となりました。

施主様より導入後の感想を伺いました

『タンテンソー』を導入することで、作物へも良い影響を与えており、作業環境も良くなっています。全棟に早く設置したいです。





・作物のこだわりについて教えてください。
 施主様:数年前から井戸水による山葵(静岡県産・真妻)の栽培を始めだし、平成26年度予算(6次産業化に対する国庫助成)を使い80坪のハウスを12棟建てる事になりました。糸魚川地区の井戸水は硬水で栄養分も豊富、山葵の生育にも適しており、市場(築地)では競りに掛けられる前に高級料亭等から引き合いが多数来ています。

・困っていること、その対策について教えてください。
 施主様:積雪の多い地区で、耐雪、耐風型ハウスはないかという事で、アーチφ38.6使用の補強型ハウスの導入となりました。夏場の暑さ対策に天窓はどうかと検討していましたが、費用対効果等の面から『レンテンソー』の導入に至りました。

ヒロッピー:ご回答ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

『ニューツマソー』使用で換気がラクラク!

新潟県三条市帯織町 名古屋保男様

ハウスについて

お名前 : 名古屋保男様
ハウスの間口 : 7.2m
ハウスの奥行き : 25.0m
骨材 : 丸パイプ φ32
被覆材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : 水稲苗

現場で使用している製品

ニューツマソー

『ニューツマソー』使用で換気がラクラク!

ツマ面に取付ける換気窓です。
ひもをひっぱるだけで簡単に開閉ができる上、開閉角度も好きな位置で止められます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では、『ニューツマソー』を使用して換気をしているところがポイントです。
『ニューツマソー』は開口幅が無段階なので、ハウス内の状況に合わせて開閉の角度を調節できます。
また、ネット展張も簡単かつきれいに行えます。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

お米の苗・コシヒカリは急激な温度変化を嫌う一時があり、強風の時等は特に神経を使っています。その時はサイドの巻上げ換気も行わず、ハウス内換気には『ニューツマソー』が大変役立っています。

お話を伺って~弊社営業担当より

一般的な水稲の育苗ハウスに『ニューツマソー』他、様々な製品が付属しています。ハウスの補強対策も合わせて行われており、他の地域へもどんどん紹介して参りたいと思います。

お問い合わせはこちらから

『ダブルペット』+『カンキット』仕様で張り分け、巻上げもラクラク!

新潟県新潟市秋葉区 坂爪毅様

ハウスについて

お名前 : 坂爪毅様
ハウスの間口 : 9.0m
ハウスの奥行き : 18.0m
骨材 : 丸パイプφ38
被服材 : POフィルム 0.15mm
栽培作物 : 水稲苗

現場で使用している製品

ダブルペット®

『ダブルペット』+『カンキット』仕様で張り分け、巻上げもラクラク!

ハウスにフィルムを止めるための部材です。通常は1列ですが、『ダブルペット』は止める箇所が2列あるので、屋根面と側面のフィルムや防虫ネットの張り分けを可能にする製品です。
ニューカンキット

『ダブルペット』+『カンキット』仕様で張り分け、巻上げもラクラク!

ハウスのサイド部を換気をするための製品です。
ハンドルをまわすだけで、フィルムが巻き上がるため、簡単換気をすることができます。

※下記は現場での使用方法の一例です。詳しい使用方法等不明点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

現場のポイント

こちらの現場では、肩部分のフィルムの止め材に『ダブルペット』を使用しています。
『ダブルペット』は、屋根面・側面のフィルムを貼り分けることができるため、フィルムの張り替えなどが楽になります。また、『ダブルペット』は防虫ネットによる別張りができるのも特長です。

現場写真ご紹介

施主様より導入後の感想を伺いました

『ダブルペット』はフィルムの張り分けを容易にし、フィルムの展張が大変楽になりました。『カンキット101』は短いハウスでの開閉動作が抜群で、微調整が効くのが大変良いです。お米の苗も青々としています。

お話を伺って~弊社営業担当より

極々一般的な水稲の育苗ハウスに『ダブルペット』や『カンキット』等、諸々の商材が組み込まれています。施主様も大変重宝していると喜んでおられました。

お問い合わせはこちらから

全国地図に戻る